にきびの部位別

にきびの部位ごとの原因と
おすすめ治療法

いわゆるにきびではなく、毛包炎のことが多いです。 毛包炎とは毛穴に雑菌が侵入して化膿している状態です。シャンプーの際に頭皮のこすり過ぎに注意してください。 一般的な抗菌剤の内服・外用が効果あります。 慢性的に繰り返す場合には漢方薬がおすすめです。

にきびが最もできやすい部位です。Tゾーンと同じように皮脂が増えて毛穴が詰まっている場合もありますが、皮脂が少なく乾燥している場合にもできやすいです。
特に大人にきびの場合、洗顔時のこすり過ぎ、不適切なクレンジングなどにより肌のバリア機能が弱っていることが原因です。低刺激の基礎化粧品によるスキンケアも必要です。
また睡眠不足、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れも原因です。
保険適応の治療でも改善しますが、治りにくい場合にはケミカルピーリング、アイソレイズなどの自費治療の併用がおすすめです。

思春期のにきびの好発部位ですが、大人でも男性ホルモンの作用が強くなっているとできやすくなります。皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まりやすいことが原因です。
また前髪の毛先が皮膚を刺激してコメドができやすくなることがあります。
保険適応の外用剤でも改善しない場合はケミカルピーリングやフラクショナルレーザーがおすすめです。特に当院のフラクショナルレーザーは1回の施術で、たくさんのコメドを除去することが期待できます。

男性の場合、尋常性毛瘡といって、ひげそりによる刺激で毛穴が炎症を起こしていることがあります。一般的な抗菌剤の内服、外用で改善しますが、繰り返す場合にはひげ脱毛をするとできにくくなるのでおすすめです。
女性の場合、ホルモンバランスの乱れが原因となることが多いです。
保険適応の外用剤で改善なければホルモン治療やアイソレイズがおすすめです。

男性ホルモンの作用が関与ししている場合が多いです。 女性の場合はホルモン治療しないとなかなか治りません。 男性の場合はホルモン治療はできないので毛穴の角化を抑えるレチノールの内服やトレチノイン外用が効果を期待できます。 重症の場合はケミカルピーリングとアイソレイズの併用も必要となることがあります。

にきびができやすい体質の場合には背中にもみられます。 外用剤を塗りにくい部位ですし、衣服にも薬がついてしまい薬の効果が出にくいことが多いです。 早く綺麗にしたい場合にはまずはケミカルピーリングをおすすめします。 かゆみを伴う場合は、マラセチア毛包炎の可能性があります。マラセチアという皮膚に常在するカビ菌の一種が増えていえることが原因です。 顕微鏡で検査すればすぐに分かります。
マラセチア毛包炎なら抗真菌剤の外用が効果が期待できます。